はるんのルンルン戦じゃん記

休刊中(〜2023.3)

週刊はるん(8月第3週)

目次

①対局振りかえり

8/14、8/15、8/16、8/17も通常戦の記事を書いていたのですが、友達対局を全部載せようとした結果、長すぎたのでカットしました(それでも長いですが)。ご了承ください。

 

8/14 vs3段●、vs3段○、vs2段○ 

 

8/15 vs3段○、vs4段●、vs初段○ 

 

8/16 vs3段●、vs5段●、vs2段○

 

8/17 vs3段○、vs4段△、vs2段○(時間)、vs3段○ 今日は無限さんとの対局を3局続けてお送りします。

f:id:senjanharun:20210817143229p:plain

第1図

第1図からの指し手:▲52角成△同金▲32飛△51金▲33飛成△76歩▲45桂△37角▲18飛△26角成▲31竜△54歩▲66銀△44馬▲75桂△41歩▲63桂不成△同銀(第2図)

 

タイミングミス×2

 

天守閣美濃対三間飛車の中盤戦。△75歩とコビンを攻めてきたが、ここは先手優勢になっている。しかし、▲52角成は急ぎすぎで形勢のよりが戻った。若干の先手有利が続いたが、△26角成にチャンスが来ていた。▲31竜と入ったが疑問で再び互角に。

△75歩には▲じっと24歩でよかった。間に合うかどうかわからず断念したが、△76歩▲23歩成△54歩▲44銀△39角▲29飛△75角成▲33と(A図)で飛車成が間に合いそうだ。

f:id:senjanharun:20210817145520p:plain

A図

また、△26角成には▲75桂だった。手抜くと▲63桂成~▲53桂成が早い。本譜のように▲31竜とすると、この変化がない。▲75桂には△74金と逃げるが、▲83桂成△82歩▲75歩△同金▲84成桂(B図)と成桂を残しておけば先手がよかった。

f:id:senjanharun:20210817145552p:plain
f:id:senjanharun:20210817145320p:plain
左:B図、右:第2図

<反省>・飛車を取るのは含みにしておくべき。

 

f:id:senjanharun:20210817150458p:plain

第3図

第9図からの指し手:▲72歩△同玉▲73歩△同桂▲同桂成△同玉▲84飛△同飛▲65桂△74玉▲35銀△89飛成(第4図)

 

攻めをつなげるには

 

振り飛車の中盤戦。先手の受け、後手の受けという構図で、△71角と窮屈ながら引いたところだ。▲72歩と打ったが、△同玉であまり効果がなかったか。先手の攻めを自然に受け止め、△84同飛で一気に飛車が働く展開となった。

図では▲75飛△同金▲62銀打としがみつくしかなかったか。①△62同角には▲同銀成△74飛(▲61角~▲72角成の防ぎ)▲63成銀(C図)、②△88飛と攻め合うのは▲73歩△62角▲同銀成△73桂▲72角(D図)となるが、いずれも細いながら結構うるさい攻めだろう。

f:id:senjanharun:20210817151543p:plain
f:id:senjanharun:20210817151551p:plain
左:C図、右:D図

f:id:senjanharun:20210817151624p:plain

第4図

<反省>・受ける方は相手が間違えるような受けができるように。

 

 

f:id:senjanharun:20210818132004p:plain

第5図

第5図からの指し手:△55歩▲44歩△同歩▲65銀△75歩▲48飛△42飛▲43歩△32飛▲33歩(第6図)

 

先手陣の急所は…?

 

振り飛車の中盤戦。△35歩に▲同銀と応じたところだ。ここで△55歩と手を戻したが、リードするチャンスを逃した。少し進んで▲48飛とした局面だが、ここでも後手が良くしに行く手があった(▲48飛に代えて正着は▲74歩)。この2つの局面の正解手と狙いは共通している。

正解は△34歩だ。第11図の局面だと、①▲46銀は△26歩▲同歩△46角▲同金△57銀、②▲25桂は△35角▲同金△同歩でいずれも角を切るが、薄い先手を持ちたい人は少ないかと思う。

▲48とした局面だと、△34歩に①▲25桂は△35角▲同歩△同銀、②▲44銀は△57角成(E図)で先手の攻めをけん制できる。後手玉は追われても△61玉~△71玉で広いので安心だ。

f:id:senjanharun:20210818134330p:plain
f:id:senjanharun:20210818134345p:plain
左:E図、右:第6図

<反省>・振り飛車の弱点は端と57ということを頭に入れつつ戦う。

 

8/18 vs4段○(時間)、vs3段●、vs4段●

 

8/19 vs2段○、vs3段○、vs3段○ きょうも無限さんとの友達対局を3局お届けします。

f:id:senjanharun:20210819141447p:plain

第7図

第7図からの指し手:△53銀▲同桂成△15歩▲43銀成(第8図、投了図)

 

感想戦の内容

 

四間飛車対エルモの終盤戦。26の桂を▲34桂と跳ねたところで、ここで△53銀が敗着で先手勝ちになった(あと▲43銀成で詰むことをうっかりしていた)のだが、その代替手をチャットで感想戦したので、それも踏まえて考える。

ここでの正解は△37歩のようだ。以下感想戦で出たのは①▲42銀成、②▲48金、③▲22角だ。

①は△同金右▲37玉△19竜がチャットで出た手順だが、後の検討で△19竜ではなく、△44金(F図)ならば後手陣が引き締まるため、後手が良いという結論に至った。

②▲48金は△47馬▲同金に△38金(G図)以下詰み筋がある。長くなるので省略するが、考えてみてほしい。

③▲22角は△同金なら▲42桂成がある怖い順。だが、△38歩成▲同銀△46馬▲37銀△24馬(H図)と受けに回って切らしに行ってよい。感想戦では△38歩成▲同飛△47馬に後手玉が不詰みということを確認した。

f:id:senjanharun:20210819144457p:plain
f:id:senjanharun:20210819144508p:plain
左:F図、右:G図
f:id:senjanharun:20210819144610p:plain
f:id:senjanharun:20210819144621p:plain
左:H図、右:第8図、投了図

<反省>・相手の攻めのスピードを早めない。

 

f:id:senjanharun:20210820141232p:plain

第9図

第9図からの指し手:△55歩▲45金△64飛▲67金△33桂▲55金△39角▲68飛△34飛▲41角△25桂▲45金△33飛▲38飛(第10図)

 

悪形でも

 

丸山ワクチン(エフェクトは出なかったが)対ゴキ中の中盤戦。56で歩交換をしたところ。ここで後手が△55歩と打ったが、▲45金~▲67金と力強く金を繰り出して飛車を抑え込むことに成功。形は悪いが、▲38飛と回った局面は駒得が確定し、先手優勢だ。

△55歩では△33桂と駒組みを続けるくらいしかなかったか。▲41角には△31銀として、▲52角成に△69角と打つ。▲48飛と回れば△47角成▲同飛△54飛(I図)の両取りがある。これで一応つり合いは取れた格好だった。

f:id:senjanharun:20210820142510p:plain
f:id:senjanharun:20210820142526p:plain
左:I図、第10図

 

f:id:senjanharun:20210820145559p:plain

第11図

第11図からの指し手:△33桂▲同歩成△11飛▲42と△66銀▲53歩成△42金▲同と△67銀成▲同金△76歩▲88銀△66金▲45角△44歩▲同銀△61飛▲84桂(第12図)

 

やりたくなっちゃう手

 

2枚銀対ゴキ中の中盤戦。▲64歩と拠点を作ったところ。ここで本譜△33桂と跳ねてきた。一瞬飛車馬両取りで見えたらやりたくなるが、▲同歩成と取られると桂損だけが残ってしまった格好だ。以下▲45角~▲84桂の反撃が決まった。

ここは本譜より先に△76歩と突くのがよい。①▲88銀には△75銀打と手厚く打って次に△64銀を狙う。②▲76同銀△75歩▲同歩△同銀▲74歩と攻め合う順は△86歩▲同歩△87歩(J図)と嫌味な歩を入れておいてどうか。△81飛と転換する含みもあり、実戦的にはいい勝負だろう。

f:id:senjanharun:20210820151235p:plain
f:id:senjanharun:20210820151248p:plain
左:J図、右:第12図

 

8/20 vs3段○、vs3段●(時間)、vs3段○ 今日は無限さんと1局だけ指しました。

f:id:senjanharun:20210820152044p:plain

第13図

第13図からの指し手:▲23歩△37桂成▲同飛△23飛▲24歩△33飛▲同飛成△同角▲23歩成△77角成▲同銀△65桂打(第14図)

 

頻出の手筋

 

ミレニアム対四間飛車ミレニアムの中盤戦。△25桂と桂交換を迫ってきた局面。ここで▲23歩~▲24歩と飛車先を止めようとしたが、△33飛が幸便だ。以下飛車交換になったが、▲23歩成に△77角成と切られ、△65桂打と玉頭から襲われる展開に。第14図は互角なものの、先行されたという状況が厳しく、うまく攻めを繋げられてしまった。

第13図実はリードを奪うチャンスで、▲45桂が覚えておきたい跳ね違いだ。以下△17桂成▲31飛成△29飛成▲17香(K図)で、本譜と比べて明らかに先手の攻撃力が高い。例えば先手の次の狙いは▲75桂で△62金引には▲74歩、△74金には▲42竜~▲53桂成などだ。こういった桂のさばきが自然に指せるようになれれば…

f:id:senjanharun:20210820153350p:plain
f:id:senjanharun:20210820153406p:plain
左:K図、右:第14図

<反省>・相手が2筋ならこちらは4筋、という意識を持つ。


 

 

詰将棋

f:id:senjanharun:20210206123920p:plain

 

A問題

 

1,1手詰め

f:id:senjanharun:20210816140024p:plain

 

2,3手詰め

f:id:senjanharun:20210816140040p:plain

 

3,X手詰め

f:id:senjanharun:20210816140054p:plain

 

B問題

 

1,3手詰め

f:id:senjanharun:20210816140125p:plain

 

2,5手詰め

f:id:senjanharun:20210816140142p:plain

 

3,X手詰め

f:id:senjanharun:20210816140156p:plain

 

先週の詰将棋解答

 

A問題

1,▲37角まで

2,▲13馬△同玉▲23金まで、もしくは▲13馬△21玉▲31金まで

3,▲26金△同桂▲25金△同銀▲44飛まで5手詰め

 

B問題

1,▲14飛△25玉▲47角まで

2,▲22と△同玉▲31竜△33玉▲43銀成まで

3,▲15飛△同玉▲26銀△16玉▲25竜△同桂▲15角成まで7手詰め

 

先週の成績一覧

 

~集計中~