はるんのルンルン戦じゃん記

休刊中(〜2023.3)

週刊はるん(5月第5週)

振り返り記事、再開します

 

①対局振りかえり

5/22 vs4段●、vs3段○、vs3段○ 4段に1発がなかなか入らない。1局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210522125108p:plain

第1図

第1図からの指し手:▲72歩△同金▲73歩△同銀▲53角成△76歩▲41飛△71金打▲76金直△84桂▲77金引△76歩▲78金△77銀(第2図)

 

筋っぽいけど

 

居飛車vs振り飛車ミレニアムの終盤戦。66にいた角を△48角成と逃げた局面。ここで本譜は▲72歩と叩く。いかにも筋だが、▲41飛の王手に△71金と埋められ、結局後手玉が見えない。△76歩~△77銀の反撃を食らい、駒をボロボロ取られて敗れた。

▲72歩では▲34飛が大駒を活用する勝負手だった。本譜と同じように①△76歩には▲同金直△84桂に▲74飛と取っておく。△76桂には▲同飛、△73歩には▲72歩△同金▲24飛、△73銀打には▲同飛成△同銀▲85桂(A図)で食いつける。②△73歩と銀取りを受けてきたら▲31飛成と縦に活用する。以下は▲72歩~▲53角成や、2枚飛車を組み合わせて勝負する狙いだ。

f:id:senjanharun:20210522135243p:plain
f:id:senjanharun:20210522125112p:plain
左:A図、右:第2図

<反省>・とにかくガリガリいけ

 

5/23 vs3段○、vs4段●、vs3段● 3局全部力戦型で狂いそうだった。3局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210523151649p:plain

第3図

第3図からの指し手:▲46歩△42銀▲47金左△94歩▲96歩△33銀右▲65歩△42角▲45歩△86歩(第4図)

 

相手の狙いをけん制するには

 

4間飛車対居飛穴の序盤戦。穴熊を阻止できず、先手だけ中途半端な形になっている。第3図は後手が△33角と引いたところ。ここで先手は▲46歩と盛り上がりを見せたが、どうもここから失敗しているようだ。後手に△42銀~△33銀右と4枚穴熊に組まれ、△42角~△86歩の打開が見えていても防げない。以降は穴熊の暴力の前に屈した。

では、4枚穴熊から打開の構想を阻止するにはどうすればよいか。それは▲65歩と突く手だ。△42銀には▲44角があるのでこれで後手の駒組みを制限できた。銀が引けないと△86歩の打開も効かないので▲56銀~▲46歩、と44を争点にすれば穴熊相手にも十分戦えた。

f:id:senjanharun:20210523152713p:plain

第4図

<反省>・相手の狙いを読んだうえで阻止する手段がないか探す。

 

5/26 vs2段○、vs3段○、vs3段● 暑くなってきました。3局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210525181016p:plain

第5図

第5図からの指し手:△53金▲55角△33歩▲37桂△62角▲35歩△44金▲64角△73銀▲同角成△同角▲34歩(第6図)

 

アクロバティックな代案

 

57銀左急戦対四間飛車の中盤戦。いま、▲44歩と取り込んだところ。実戦は▲35歩△45銀▲43歩成の筋を軽減しようと△53金としたが、▲37桂~▲35歩で銀が捕まってしまった。△62角~△44金とするも2枚替えをされ、第6図になるとバラバラな陣形で勝ちようがなくなった。

△53金の代案としてソフトが示すのは△62角という手。対して①▲35歩とする手には△44角▲34歩△26角と、△45銀▲43歩成△56歩▲66銀△12飛の2つのルートがあり、いずれも難解。まあ後者は一生思いつかなそうだが。②▲55角には△43銀と引く手がある。対して▲32飛成△同銀は銀が生還するので▲33歩と交換する位置を変えに来るが、△同飛▲同飛成△同桂▲43歩成に△45桂(B図)がダブル銀取り、桂もさばけて気持ちがいい。こういう手が指せればなぁ…

f:id:senjanharun:20210525182125p:plain
f:id:senjanharun:20210525182140p:plain
左:B図、右:第6図

<反省>・積極的にさばいていける自信を。

 

5/27 vs3段○、vs4段●、vs2段○ 4段戦しんどい。2局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210527180533p:plain

第7図

第7図からの指し手:▲37銀△76銀▲88銀△54角▲98角△94歩▲77歩△85銀▲56歩△44歩▲55歩△65角▲58金上△95歩▲46銀△96歩(第8図)

 

気は進まないけれど

 

角換わりの中盤戦。後手に△22歩と打たせたところ。本譜▲37銀と攻め合いの姿勢を見せたが、△76銀▲88銀△54角▲98角と明らかに損なやり取りを受けてしまった。先手陣にペタペタ打たせてから端攻め。巧い手順であっという間に寄せられた。

第7図はとりあえず▲77歩と打つしかなかった。気は進まないが、ここは我慢しなければならない。以下△86歩▲同歩△87歩が厳しく後手がいいが、銀角を手持ちにしている分先手も元気が出ただろう。

f:id:senjanharun:20210527181455p:plain

第8図

<反省>・受けるべきところは面倒がらずに受ける。

 

5/28 vs3段○、vs2段○、vs3段○ 久々の3連勝。3局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210528180847p:plain

第9図

第9図からの指し手:△48竜▲同金△43金▲55玉△52香▲66玉△61香▲65歩△74桂▲77玉△44角▲68玉△65香▲59玉△77角成▲49玉△22馬▲41角△32銀▲15香△23玉▲13飛△同馬▲同香成△同玉▲14銀△22玉▲23金(第10図、投了図)

 

詰むや詰まざるや

 

四間飛車対右四間飛車+端玉銀冠の最終盤。数手前に先手が必至をかけ、後手が王手ラッシュで迫っている。第9図は△44銀に▲同玉と応じたところ。実戦は△48竜と突進してきたが、先手玉はきわどく詰まず。後手も△44角~△77角成~△22馬と手を尽くしたが▲41角から何とか詰ますことができた。

第9図で△88角はなかったか。55に合い駒を打つのは△43金から詰むので▲53玉と逃げる。そこで、△51香▲52香を入れて△41桂と打つ。▲62玉に△22角成(C図)と取った局面は△41桂や△51香の効果で▲41角や▲15香を打てず、後手玉は安泰になる(△51香を入れずに単に△41桂や、△51香に▲52香以外の手もあるが、変化が膨大なため割愛)。先手は▲49金と取るくらいだが、△69飛などで勝負はどう転んでいたかわからなかった。

f:id:senjanharun:20210528182802p:plain
f:id:senjanharun:20210528182823p:plain
左:C図、右:第10図、投了図

 

 

詰将棋

f:id:senjanharun:20210206123920p:plain

 

A問題

 

1,1手詰め

f:id:senjanharun:20210522143513p:plain

 

2,3手詰め

f:id:senjanharun:20210522143524p:plain

 

3,X手詰め

f:id:senjanharun:20210522143537p:plain

 

B問題

 

1,3手詰め

f:id:senjanharun:20210522143547p:plain

 

2,5手詰め

f:id:senjanharun:20210522143600p:plain

 

3,X手詰め

f:id:senjanharun:20210522143610p:plain

 

先週の詰将棋解答

 

A問題

1,▲32銀成まで

2,▲12桂成△同玉▲14飛まで、もしくは▲12桂成△23玉▲31飛成まで

3,▲19香△18合(△17合)▲28桂△27玉▲37馬まで5手詰め

 

B問題

1,▲44銀成△24玉▲34竜まで

2,▲13馬△11玉▲12馬△同馬▲23桂まで

3,▲36角△16玉▲27角△25玉▲16竜△同と▲36角まで7手詰め

 

先週の成績一覧

f:id:senjanharun:20210522144954p:plain



1月~5月の皆さんの詰将棋の成績を中間発表として公開します。

f:id:senjanharun:20210522145318p:plain

問題番号、ptの順で記載。1月第3週はA、Bの区切りなし。

 

5名の方に参加いただきました!ありがとうございます!これからも詰将棋企画をよろしくお願いいたします。

 

③逃れ将棋解答

1,②▲88角

正解は▲88角で、以下△同馬▲同歩△98歩▲89玉となり、△67角に▲78香で不詰み。①▲88飛は△同馬▲同歩△98飛以下詰み。③▲88桂は△同馬▲同歩△98歩▲89玉に△77桂で詰み。④▲88香は△同馬▲同歩△97香▲89玉△98香成で詰み。

 

2,▲89桂

△97金の1手詰めをどう防ぐかだが、ここは▲89桂が冷静な対応。以下、△79角が気になるが、▲78金が後続手。△97金▲同桂△同銀成▲89玉で逃れている。正解以外で▲88同玉は△79角▲78玉に△68と~△88金、▲97銀も△89角~△78金で詰み。▲86銀の詰めろ逃れも△78金や△79角の追撃が厳しく、受けなしになる。

 

3,▲99飛

後手の狙いは△99金1発。▲99桂は△同桂成~△87桂で無効。▲99香も△79金の追撃が厳しく、▲67角とがんばっても△99桂成~△89金でダメ。

ここは▲99飛が究極のしのぎで、△79金は▲87歩。△99同桂成▲同玉に△87飛は▲77銀で大丈夫。△87飛でなく△79飛なら▲98銀△89馬▲同銀△78金▲98玉△89飛成に▲87玉で脱出できる。

結局後手の最善は△99同桂成▲同玉に△79金で、▲98銀△89金▲同銀△79飛▲98銀打△89馬▲同銀△78銀▲98銀打の千日手となり逃れ。