はるんのルンルン戦じゃん記

休刊中(〜2023.3)

週刊はるん(4月第4週)


目次

 ①対局振りかえり

4/17 vs2段○、vs2段○、vs2段○ リハビリに2段はいい相手かもしれない。2局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210417203359p:plain

第1図

第1図からの指し手:▲78飛△42銀▲75歩△84飛▲59角△75歩▲同銀△81飛▲74銀△72歩▲63銀成△65桂▲72飛成(第2図)

 

仕掛けの組み合わせ

 

振り飛車ミレニアム対居飛車穴熊の序盤戦。▲78飛と揺さぶったが、危険な1手だった。▲78飛では▲75歩と動き、①△84飛には▲96歩が成立する。△同歩なら▲同香△同香に▲95角(A図)が一例。②△75同歩には▲同銀△76歩▲88角△86歩▲同歩△65桂▲同飛△64銀▲同銀△同歩▲同飛△86飛(B図)とさばき合って終盤勝負の展開。

f:id:senjanharun:20210417205241p:plain
f:id:senjanharun:20210417205250p:plain
左:A図 右:B図

本譜の▲78飛には△64歩があり、▲同歩△同銀と進むと相手銀の存在が大きく、苦労する展開だったが、△42銀と固めたので、▲75歩から仕掛けてB図まで進み、竜を作って指しやすい展開となった。

f:id:senjanharun:20210417203404p:plain

第2図

<反省>・飛車筋の移動には細心の注意を。

 

 4/18 vs初段○、vs初段○、vs4段○ 暗黒期を抜け出した感はあるかもしれない。3局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210418144519p:plain

第3図

第3図からの指し手:△44角▲同角△同歩▲同飛△43歩▲46飛△74歩(第4図)

 

陣形のスキ

 

相掛かりの中盤戦。▲74飛と歩を取ったところ。次の狙いは▲34飛である。それを怖がって△44角とぶつけたが、清算後▲同飛が▲41角の先手になり、△43歩を打たされるのはきつい。じっと引かれ、▲35歩と▲74歩の桂頭攻めが厳しく残った。

△44角では△86歩が先手陣のスキを突いた1手。▲同歩△同飛で十字飛車である。以下①▲55角(▲73角成の狙い)には△89飛成▲79金△83竜▲34飛△44角▲同角△同歩(C図)は竜が大きく、後手がいい。②▲67歩は手堅く有力で、△89飛成▲79金(▲79歩は△87歩)△83竜▲34飛△44角に▲同飛△同歩▲84歩△74竜▲56角(D図)で先手有利の変化。ただ、10秒将棋で▲67歩は飛成が見えていてただ受けるだけの手だけに相当指しづらいと思う。

f:id:senjanharun:20210418150658p:plain
f:id:senjanharun:20210418150707p:plain
左:C図、右:D図

f:id:senjanharun:20210418150754p:plain

第4図

<反省>・相手の陣形のスキを付けるように。

 

4/19 vs4段●、vs2段○、vs2段● 時間切れ負けに受けミスで一気に負けと散々だった。3局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210419184916p:plain

第5図

第5図からの指し手:△62金寄▲82銀(第6図、投了図)

 

受けはあった

 

振り飛車の終盤戦。後手は先手の攻めを受けきり△58角成が回るか。本譜は時間に追われ△62金寄としたが、▲82銀で終戦

ここでは△62金と引いて受かる形だった。①▲72金は△同金で13の飛車が遠く利いていてすぐに寄らない形だ。▲48金と手を戻すくらいだが、△69飛と打って攻守交代になる。②▲73歩は飛車利きを止める手で、△同桂▲53銀△88飛(△58角成は▲62銀成で詰み)でどう転ぶかわからなかった。

f:id:senjanharun:20210419190436p:plain

第6図、投了図

<反省>・10秒で受けを探すのは困難、そうなる前に数手前から読みを深く入れる。

 

4/20 vs3段●、vw初段○、vs4段● いつもの負け越し。1局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210420185627p:plain

第7図

第7図からの指し手:△85銀▲52金△53歩▲61金△同銀▲53馬△62金▲54馬△25竜▲43角△53歩▲25角成△同歩▲64馬△45角▲74桂(第8図)

 

踏み込めなかった順

 

対抗形の急戦の終盤戦。後手のポカもありずっと先手有利の時間が続いたが、第7図は後手に最後のチャンスが回ってきた。▲86桂に対し、△85銀と受けたが、攻め駒不足で再び先手優勢に。ここからは防戦一方で第8図のコビン攻めが厳しすぎた。△85銀では△67銀成と踏み込むべきで、▲同金△69銀▲88玉△67竜に▲74桂打から後手玉が詰んでいるかが読み切れなかったので断念したが、結果的に▲74桂打には△92玉で詰まない。わかりやすくいくなら△67竜では△78飛▲97玉の交換を入れてから△67竜を入れれば74に飛車の利きを足せる。これを読めていれば△67銀成を踏み込めたかもしれない。

f:id:senjanharun:20210420190612p:plain

第8図

<反省>・よくわからない局面でも踏み込める勇気を。

 

4/22 vs1級○、vs3段●、vs2段● 達成率を上げたい。2局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210422180527p:plain

第9図

第9図からの指し手:△45金▲33銀△57歩▲69玉△58歩成▲同銀△22桂▲34桂△31玉▲21飛(第10図、投了図)

 

一気に寄り形へ

 

横歩取りの終盤戦。形勢は先手がよかったが、盛り返して第9図。実践はここで△45金と出たが敗着となった。金が上ずったのですかさず▲33銀と打たれて、持ち駒が悪い後手はいきなり受けなしになってしまった。ここは△57歩と打つべきだった。①▲68玉には△76桂▲77玉△88桂成▲同玉△85桂▲22歩△32玉▲77歩(E図)で、②▲69玉には△37歩▲同角△26桂▲46桂△33金▲36飛△34桂▲26角△同飛成▲22銀△同玉▲34桂△同金▲26飛(F図)が変化の一例でいずれも互角。長期戦が予想された。

f:id:senjanharun:20210422202213p:plain
f:id:senjanharun:20210422202223p:plain
左:E図、右:F図

f:id:senjanharun:20210422202437p:plain

第10図、投了図

<反省>・持ち駒と自玉の危険度を冷静に判断する。

 

4/23 vs2段○、vs2段○、vs2段○ 格下には安定して勝てるようになってきた。2局目を取り上げる。

f:id:senjanharun:20210423183847p:plain

第11図

第11図からの指し手:▲85金△82桂▲94歩△92玉▲82桂成△同玉▲74桂△71玉(第12図)

 

詰めろの掛け方

 

先手エルモの対抗形の終盤戦。玉形の差で先手優勢だが、どう勝ち切るか。本譜は▲85金と押さえつけたが疑問手。ここは▲94歩と叩き、△同玉に▲11成銀が詰めろになる。以下△84銀には▲82桂成、△74歩には▲91馬という要領で攻めれば十分だった。

▲85金には△84歩がしぶとい受けだったが、本譜は△82桂。▲94歩△92玉で追いつめているようでも▲82桂成が悪手だった。△同玉で安定させてしまい、▲74桂には今度△71玉が利いた。▲82桂成でも▲11成銀と駒を補充するべきで、後手玉を不安定なままにしておくべきだった。

f:id:senjanharun:20210423185435p:plain

第12図

<反省>・金駒を使わずに詰めろを掛ける方法を優先して読めるようにする。

 

詰将棋

f:id:senjanharun:20210206123920p:plain

 

A問題

 

1,1手詰め

f:id:senjanharun:20210424112448p:plain

 

2,3手詰め

f:id:senjanharun:20210424112522p:plain

 

3,X手詰め

f:id:senjanharun:20210424112546p:plain

 

B問題

 

1,3手詰め

f:id:senjanharun:20210424112614p:plain

 

3,5手詰め

f:id:senjanharun:20210424112639p:plain

 

3,X手詰め

f:id:senjanharun:20210424112658p:plain

 

先週の詰将棋解答

 

A問題

1,▲17飛まで

2,▲22角成△同飛▲13香まで

3,▲22金△13玉▲32銀不成△43角▲23銀成(▲23金)まで5手詰め

 

B問題

1,▲15角成△同歩▲33飛成まで

2,▲43香△51玉▲53角成△21竜▲42香成まで

3,▲51金△42玉▲23飛不成△31玉▲32歩△同玉▲33飛成まで7手詰め

 

先週の成績一覧

f:id:senjanharun:20210424113845p:plain